2017年2月6日更新

なかなか難しい?LGBTが理想のパートナーに出会う方法

同性のパートナーは見つけることが難しい。

そう悩んでいる人も多いはず。

異性愛者が大多数で、それが前提となっている社会では、「同性パートナー募集してます」とは言いにくいものです。

 

今回は同性のパートナーを探している人に向けてお話しようと思います。

インターネットでの出会い

現実の世界では、会ってすぐにパートナーに求める条件をベラベラと話すと引かれてしまいますよね。

しかし、インターネットでは引かれることはほとんどありません。

むしろ、プロフィールに自分が求める条件を書いたほうが、理想の相手に出会える確率がアップするのです。

 

これほどインターネットが普及している今、インターネットでの出会いは普通のことです。

ある程度の警戒心は持ちながらも、相手も自分と同じ人間なんだと思いながら接しましょう。

何を書くべきか

インターネットでの出会いは掲示板やアプリで探すことになりますが、顔が見えないため、自分のプロフィールを具体的に書く必要があります。

自分の雰囲気や趣味、休日にすることを具体的に書いてアピールしましょう。

お付き合いしたら甘えん坊になるとか、連絡はマメに取るかなども書くと、相手があなたを想像しやすく親近感を持ってくれるでしょう。

 

そして、相手に何を求めるのかも書かなければなりません。

一緒に遊ぶだけの友達を求めているのか、一夜を共にしたいだけなのか、真剣に交際を考えているのか。

ここが一致しないと、せっかく出会っても理想の関係にならずに終わってしまします。

インターネット以外での出会い

最近は性的マイノリティーを対象としたイベントも増えてきました。

着飾ってお酒を飲みながら話すようなイベントから、ゆったりと食事しながら出会いを求めるイベントまで様々です。

自分にあったイベントや場所を見つけましょう。

 

自己紹介ように、自分を表す短い文章を事前に考えておくといいでしょう。

最初の印象はとても大切ですから、明るく清潔感を出していきましょう。

 

イベント情報は、インターネット検索では見つからないこともあるので、SNS内で検索してみるのもありです。

出会った後

どんな出会い方でも、相手を尊重して向き合っていくことが大切です。

丁寧に意見を聞き、ぶつかったときや不安が生まれた時はきちんと話し合うと、良好な関係が保てます。

 

インターネットでの出会いだからといって冷たくあしらってはいけません。

一つ一つの出会いを大切にして、理想の相手を見つけていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLGBTnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ai

ai

20代前半のXジェンダーでパンセクシャル。体は女性ですが、幼い頃からそれを受け入れることができずにいます。花が大好きで自分の庭や道端に生えている花の写真をよく取っています。数年前にLGBTの世界を知り、自分の居場所ができましたよろしくお願いいたします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険 GIDナビ

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

新着情報をお届けします

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.