2017年2月6日更新

体が女性・心は無性。でも「女性らしくする必要はない」とありのままの私を好きになってくれた彼氏

今回は、Xジェンダーでパンセクシャルな私の、男性との恋愛をお話しようと思います。

カミングアウト

私は体が女性ですが、心は無性です。

しかし、女装が趣味なので、シスジェンダーの女性だと思われていて、最初はXジェンダーであることを話さずにいました。

 

パンセクシャルであることも明言していませんでした。

 

出会って一ヶ月経った頃だと思います。

私は自分の女性の体を受け入れることができないと話しました。

性的マイノリティーに詳しい人ではなさそうだったので、混乱させまいと「Xジェンダー」という言葉は使わずに伝えました。

 

すると彼は「話すの勇気が必要だったよね、ありがとう」と優しく受け止めてくれました。

 

出会って一年経った頃には、過去に女性を好きになった経験があることも話しましたが、それも「いい経験だったね」と受け止めてくれました。

彼との関係

私はとてもいい相手に出会ったと思っています。

Xジェンダーもパンセクシャルも全て理解してくれました。

 

カミングアウトする前も後も、彼との関係は何も変わりませんでした。

 

彼はありのままの私を見て好きになってくれているんだと確信が持てて、とても嬉しくなりました。

 

スカートを履いて欲しいか、パンツを履いて欲しいか聞いたことがあります。

その時も、私が着たい服を着ればいいと答えてくれました。

女性らしくする必要はないと考えてくれているようで、幸せな気持ちになりました。

彼との日常

普段の会話の中で、「Xジェンダー」「パンセクシャル」といった用語が出てくることはありません。

しかし、たまに私から質問すると、私の性別や過去を理解してくれてる事を確認できます。

 

性的マイノリティーだからといって、何か不安を抱えながら関係を持たなければならないのかと心配していたこともありましたが、彼と出会ってからそんな気持ちは吹っ飛んでいきました。

 

私はありのままの気持ちを彼に伝えることが出来ます。

過去にあったことを正直に話すことが出来ます。

 

すてきなパートナーに出会えたことを幸せに思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLGBTnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ai

ai

20代前半のXジェンダーでパンセクシャル。体は女性ですが、幼い頃からそれを受け入れることができずにいます。花が大好きで自分の庭や道端に生えている花の写真をよく取っています。数年前にLGBTの世界を知り、自分の居場所ができましたよろしくお願いいたします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険 GIDナビ

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

新着情報をお届けします

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.