2017年1月23日更新

Xジェンダーが戸籍変更について考える

LGBTをはじめ性的マイノリティーのコミュニティーにいると、一度は聞いたことがある「戸籍変更」という言葉。

Xジェンダーでパンセクシャルな私には、性同一性障害の方がするものだという認識しかありませんでしたが、今回もう少し詳しく調べてみました。

「性同一性障害の性別の取扱いの特例に関する法律」という法律により、後述する要件を満たす性同一性障害の方は、家庭裁判所に審判によって、戸籍上の性別を変更することができます。

2004年7月から施行されました。

それでは、戸籍上の性別を変えるには、どのような条件を満たす必要があるのでしょうか。

6つの条件があります。

・二人以上の医師から、GIDだと診断されている

・二十歳以上であること

・現に婚姻をしていないこと

・現に未成年の子がいないこと

・生殖腺がない又は生殖腺の機能を永久的に欠く状態にあること

・その身体について他の性別に係る身体の性器に関わる部分に近似する外観を備えていること

結構厳しい条件だと感じます。

性同一性障害の方全員が手術を望んでいるわけではありません。

自分の体に対する違和感や嫌悪感の強さも人それぞれです。

それなのに、性別欄変更のために必ず手術を行わなくてはならないのは、金銭的にはもちろん、精神的にもかなり大きな負担ではないでしょうか。

これから十分に議論していき、改善されるべき点だと思います。

性同一性障害だけど、手術は望んでいない人が、すてきな相手と出会い、結婚しようと思ってもできないわけです。

性同一性障害の当事者だけでなく、社会全体で早急に向き合っていく問題ではないでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLGBTnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ai

ai

20代前半のXジェンダーでパンセクシャル。体は女性ですが、幼い頃からそれを受け入れることができずにいます。花が大好きで自分の庭や道端に生えている花の写真をよく取っています。数年前にLGBTの世界を知り、自分の居場所ができましたよろしくお願いいたします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険 GIDナビ

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

Sorry. No data so far.

新着コラム

カテゴリー

新着情報をお届けします

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.