2017年2月3日更新

全米で話題の「セクシャル・フルイディティ」について

セクシャル・フルイディティとは

近年、英語圏で聞くようになったセクシャル・フルイディティ。

“Fluid”という通り、性自認や性的指向が、水のように常に流れており、定まらないことを指します。

男性を好きになったり、女性を好きになったり、両方に惹かれる時期があったり、中性を好きになったり、性的欲求が誰にも向かない時期があったり、そういう状態を行き来する人のことです。

 

また、あえて定めないとする意味で使うことも出来ます。

自分の性別や好きになる性別を決められない、決めたくないという人にぴったりの言葉です。

あえて決めない

心の性別や、好きになる性別と言うものは、遺伝的、ホルモン的、社会的、文化的によって決まると考えられています。

とても複雑なのです。

今生きている若者は100年生きると考えられていますから、その長い年月の間で色々なことを経験し、心の性別や好きになる性別が変わっていくのはむしろ普通のことなのではないでしょうか。

 

自分の心はこうだ、と一貫して決めておくのではなく、状況や相手に合わせて自分が変わっていくという生き方を選ぶのも大いにありだと思います。

セレブたちのカミングアウト

セクシャル・フルイディティだとカミングアウトするセレブたちもいます。

有名人の発言というものはとても大きく、社会が自分のセクシャリティーや、セクシャルマイノリティー(性的マイノリティー)に対して関心を持ついいきっかけとなります。

 

日本では最近LGBTという言葉が注目されてきましたが、セクシャル・フルイディティという言葉も浸透してほしいです。

今はLGBTの当事者でなくても、将来同性を好きになるかもしれないし、自分の体に違和感が出てくる可能性もあるのですから、知っていて損はありません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLGBTnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ai

ai

20代前半のXジェンダーでパンセクシャル。体は女性ですが、幼い頃からそれを受け入れることができずにいます。花が大好きで自分の庭や道端に生えている花の写真をよく取っています。数年前にLGBTの世界を知り、自分の居場所ができましたよろしくお願いいたします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険 GIDナビ

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

新着情報をお届けします

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.