2017年2月1日更新

SNSよりビアン掲示板?匿名性を重視する掲示板での出会いが主流のLGBTパートナーの見つけ方

皆さんこんにちは。LGBTがパートナーと出会うのは難しいですよね。今回はパートナーがいない人が、どのような場所を利用すれば出会えるのかを自身の経験からお伝えします。

掲示板で出会う

実名登録で顔写真ありのSNSが主流の世の中ですが、LGBTは大っぴらに「同性と出会いたい」とは言えないものです。そんな私たちのニーズに合っているのが匿名性を重視する掲示板での出会いです。今も書き込みが盛り上がっているので、ネット上で「ゲイ 出会い」「レズビアン 出会い」などと検索してみてください。そうすると、代表的なサイトがいくつかヒットします。私が今の彼女と出会ったのはビアン掲示板です。掲示板に入ると「恋人募集」「友達募集」などスレッドごとに分かれています。恋人募集のスレッドを覗いてみましょう。自分の住んでいる場所に近い人で、よさそうな相手がいればメッセージを送ってみましょう。しかし、書き込みをしている人は多くの人からメッセージをもらっている可能性があります。そこで必要なのが、多くのライバルの中から選んでもらうコツです。

沢山の中から自分を選んでもらう為には?

沢山の中から選んでもらうには、誠実さがまずは1番大事です。匿名性のある掲示板では、本名を明かさないなんてこともあります。そんな中で、きちんと自己紹介ができる人というのは印象に残ります。私はフルネームと仕事、趣味などを記載した後、相手の書き込みを見て食いつきそうなポイントを盛り込んだメッセージを送っていました。例えば「旅行が趣味なんですね。私も大好きなので、色々お話できたら嬉しいです」など気の利いた一言を加えると返信率もアップして話しも盛り上がります。

近くにいい人が見つからない場合

掲示板を見ていても、同じ県に気に入った人がいない場合はどうしたらいいかという悩みを持つ人もいます。そんな時は、近くの県にまで範囲を広げて探してみることをオススメします。相手も遠距離が大丈夫という人なら、遠距離恋愛も悪くはありません。私は今の彼女と出会った時は、お互い隣の県に住んでいましたが今は一緒に住んでいます。このようにお互いの気持ちや行動次第で、距離は縮めることは可能です。住んでいる場所が近いに越したことはありませんが、それほど重要ではありません。

パートナーとの出会い方は、リアルで出会える人もいればそうでない人もいます。偶然の出会いがない場合は、戦略を立てて出会いましょう。相手も恋人を探しているとわかっている出会い掲示板は、パートナーを探しやすいのでオススメです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLGBTnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Chappri

Chappri

九州在住のアラサーレズビアンです。会社員として医療、人材、アパレルなどの企業で就業経験を積んだ後フリーランスのライターとして独立しました。年下の彼女とは1年ほど前から2人暮らしをしており、交際歴は3年以上4年未満です。LGBTの世界に入ったのは20代半ばからで、セクはフェムリバです。両親との仲は良好ですが、未だ彼女との生活を「友人とのルームシェア」と偽っている状態です。趣味は楽器とカメラで、彼女との共通の趣味は映画観賞です。どうぞ宜しくお願いします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険 GIDナビ

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

新着情報をお届けします

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.