パンセクシャルが相手を好きになるきっかけ

性的マイノリティーへの理解

「LGBT」という言葉を知っているだけでは性的マイノリティーを理解しているとは言えないかもしれません。

「LGBT」と「性的マイノリティー」の違い、「LGBT」以外の「性的マイノリティー」には何があるのか、パンセクシャルとは何なのかをしっかり分かってくれる人に出会えると、嬉しくなりますし、タイプであれば「この人となら一緒に歩んでいける」と思えます。

性的マイノリティー関連のニュースを日々チェックしていて、たまに話題にすると理解していることをアピールできるかもしれません。

分からないことは「分からない」と伝え、当事者の意見を聞きたい旨を伝えると、素直な姿勢が伝わるでしょう。

パンセクシャルへの理解

自分を理解してくれてると、人間は理解してくれているものです。

普段は誤解されやすい自分のセクシャリティーを、正しく分かってくれていると知った時には安心します。

パートナーとなる相手には自分のすべてを知っていてほしいと思うものですから、セクシャリティーへの理解はとても重要なポイントです。

特にパンセクシャルは人の数だけ捉え方があるセクシャリティーなので、その人の言葉を使っての「パンセクシャルの説明」をしっかり覚えておきましょう。

たまに振り返って会話の中に盛り込むと、きちんと理解していることを印象づける事ができます。

パンセクシャルだけじゃない

パンセクシャルであっても、パンセクシャルだけがその人の個性ではありません。

セクシャリティー以外の部分もきちんと見てくれる人にときめきを感じます。

パンセクシャルという言葉に意識が行きがちですが、その人を構成する要素はそこだけではない事を覚えておきましょう。

性格や趣味、ファッション等にも気を配りセクシャリティーも含めたその人全体を受け止めていることをアピールしましょう。

さいごに

理解してもらえることはとても嬉しいことです。

セクシャリティーをはじめ、日頃からその人の言葉をきちんと聞き、正しく認識していることが大切です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLGBTnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ai

ai

20代前半のXジェンダーでパンセクシャル。体は女性ですが、幼い頃からそれを受け入れることができずにいます。花が大好きで自分の庭や道端に生えている花の写真をよく取っています。数年前にLGBTの世界を知り、自分の居場所ができましたよろしくお願いいたします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険 GIDナビ

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

新着情報をお届けします

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.