2017年1月19日更新

LGBTの試練!あなたはできる?周りの人へのカミングアウト

私のようにゲイであることをひたすら隠して生活をしている人もいれば、家族や友人、職場の人にまで隠さず話している人などカミングアウトについての状況は人それぞれですよね。

私の友人の一人は、周りの人ほとんどにゲイである事を告白している人がいるのですが、会うたびにとてもいい顔をしていろんなことを話してくれるのです。

今回はそんな友人の話を交えながらカミングアウトをしたいけどできない人に向けてメリットやデメリットを紹介します。

友人は周りの人に話すことによって『彼女の有無や結婚の催促』が無くなったことでかなり肩の力が抜けたと言っていました。

実は私もアラサーのゲイなので、周りの友人や同級生が結婚していくと『まだ友蔵は結婚しないの?』と聞かれることがよくあります。

これがかなり苦痛だったりするので、親戚の集まりがあったりすると『また聞かれると嫌だな』とちょっと落ち込んだりするときもあるので、あえてその集まりに顔を出さない事もあるのです。

若い頃はまだ結婚に対して想像ができないとかまだ若いからと上手く逃げる事ができましたが、最近はひたすら『そのうちね』と繰り返し、どうにかごまかすようにしているのです。

理解してもらえないという思いよりも、ガッカリされたりすることの方が怖く感じています。

カミングアウトを一切したことがない私なので、どのような雰囲気で話したらいいのか分からないという事も今の状況を作っている要因なのかもしれません。

友人が職場の人に話した時も、意外と簡単に受け入れてもらったと言います。そこまで大きな会社ではないため、家族のようにみんなの仲がとても良いらしく、友人曰く『この人達なら受け入れてくれる』と直感したそうです。

私の職場もそこまで大きな会社ではないのですが、独身男性の数がすごく少ないのです。なので、『次は友蔵の番だね!』と事あるごとに言われるので、いつかカミングアウトをしなければいけないのかとドキドキしています。

今思うと、私が高校生の時『早く結婚したい』とよく口にしていたことが今になって悔やまれます。彼女がいたために、あの頃は自分も結婚するものだと思っていましたが、初めて彼女とキスをして違和感があった時にすっかり自分の頭から『結婚』と言う言葉が消えてしまいました。

特にアラサーになってからカミングアウトをする必要性についてもそこまでないのかも?と思い始めています。

年齢が若いから言いやすいとは言い切れませんがゲイである自分の、周りに対する土台作りは若い内の方がしやすいと思います。

これを読んでくれている10代のゲイの人がいるなら、今のうちに周りの人達との信頼や『俺は俺だ!』という強い気持ちと勇気を持って生活をしてもらいたいです。

私としては少しでも早くカミングアウトをできないでいるゲイの人達が生きやすい世の中になってくれればと願うばかりです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLGBTnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
友蔵

友蔵

「人生楽しく」をモットーに毎日生きているアラサーライター、友蔵です。 時間があるときには国内外問わず旅行するのが趣味で、最近は国際交流を目標に英語も少しずつ習い始めました。 「リアルさ」を大切に記事を書いています。よろしくお願いします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険 GIDナビ

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

新着情報をお届けします

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.