2017年1月27日更新

LGBTは実際の社会では肩身が狭い!?日本での性的マイノリティーの生きづらさ

こんにちは、今回はLGBTをはじめとする性的マイノリティーとして社会の中で生きていくことについてお話しようと思います。

生きづらさ

テレビや雑誌などのメディアでLGBT特集が増えてきたとは言え、日常生活レベルではまだまだ性的マイノリティーへの理解が進んでいませんし、教科書も変わりません。

 

性的マイノリティーの生きづらさはまず会話にあります。

学校のクラスでも、職場でも、美容室でも、病院の待合室でさえ、性的マイノリティーの存在はいないことになっています。

 

心と体の性別が一致しているシスジェンダーであり、異性が好きなヘテロセクシャルで、同時に好きになるのは一人というモノアモリー、そういうセクシャリティーを前提とした会話しかほとんど交わされないのが現実です。

嘘をつくしかないのか

そういう会話をされた時、カミングアウトしていない性的マイノリティーはどうするでしょうか?

答えは、嘘をつかざるを得なくなります。

 

例えばゲイが「好きな女性のタイプは?」と聞かれて「好きなのは男性です」と答えれば、カミングアウトになります。

しかし、簡単にはカミングアウトできない社会で、本当のことを話すのは至難の業でしょう。

 

こうやって性的マイノリティーは、マジョリティーが普段何気なくしている会話の中で、嘘に嘘を重ねてしまうのです。

異性の恋人がいないとダメなのか

異性の恋人がいないと「同性愛者なんじゃないのか」とバカにされます。会話のネタにされたりします。友達同士でも、親戚の集まりでもそうです。

これも大変おかしいことです。

 

自分はただ生きているだけなのに笑いものにされるのですから。

病気の診断基準も変

例えばうつ病の症状を説明する時に「異性への関心がなくなった」という言葉が使われることがあります。

これは、同性愛者や無性愛者を無視した診断基準になります。

街中のサービスも異性愛者が基本

女性には女性が接客、男性には男性が接客するシステムをとっているお店や施設もあります。

異性愛者の場合は、性的なことを意識しなくても済む同性に接客してもらったほうがリラックス出来ると思いますが、同性愛者の場合は逆です。

そして、心に性別がない私としては、接客してくれるのが男性でも女性でも関係ないので、早く帰れるように手が開いてる人にやってほしいなと考えています。

 

病院でのリハビリも、服をめくる必要がある場合は、体が女性である私を担当するのはいつも女性なのです。

手が空いている男性の理学療法士がいたりするので、早く終えたい私としてはその方に担当してもらっても良いのですが、女性の理学療法士の手が空くのを待つしかないのです。

配慮は嬉しいのですが、「その配慮は大丈夫ですよ」と告げるのも勇気のいることですし、最近の悩みでもあります。

LGBTが存在しない

このように、LGBTをはじめとする性的マイノリティーは「存在しない」ことになっています。

私たち性的マイノリティーが生きやすい社会になるには、まず身近な会話から変えていくことが有効だと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLGBTnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ai

ai

20代前半のXジェンダーでパンセクシャル。体は女性ですが、幼い頃からそれを受け入れることができずにいます。花が大好きで自分の庭や道端に生えている花の写真をよく取っています。数年前にLGBTの世界を知り、自分の居場所ができましたよろしくお願いいたします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険 GIDナビ

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

新着情報をお届けします

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.