LGBTがパートナーと上手くやっていくにはどうすればいい?

皆さんこんにちは。今回は、将来ずっと一緒にいたいと思えるパートナーを見つけたLGBTがその関係を長続きさせて上手くやっていく為のちょっとしたコツを3つご紹介します。この3つを守ればパートナーとより良い関係を築くことができるはず。今は特定のパートナーがいないという人も、今後いい人が現れた時に備えてぜひ読んでおいてくださいね。

まず大事なことの1つ目は、早い段階で相手に本性をさらけ出すことです。自分の悪い面をちょこちょこ出しておくんです。「いきなり素を出して引かれない?」という人がほとんどだと思います。でもこれが大事なんです。最初は誰でもいい顔をします。しかし、お付き合いから数ヶ月が経ち2人の関係が落ちついてきたころに次第に本性が出てきて「何か最初と違うな…冷めたかも」となるわけです。相手の気持ちも自分の気持ちもピークにある時に素を出しておけば、減点方式で相手に嫌われていくという心配がなくなります。

それから2つ目は、浮気をしないことです。「当たり前じゃん!」と思うかもしれませんが、これが出来ない人が多いんです。特にSNSや掲示板などで相手を探すことに慣れている人や、若いLGBTの人たちは誘惑も多く「もっといい人がいるかもしれない」という気持ちになることもあるかもしれません。しかし、パートナーのことを大切に思うなら浮気しないように自分自身で防衛策を取りましょう。一度失った信頼関係を取り戻すのは難しいので、最初から信頼関係を裏切らないようにすることが大事です。

最後の3つ目は、相手に対して寛容になることです。具体的にどうすればいいのかというと、相手のイヤな部分が見えたとしてもある程度は見ないフリをしましょう。なぜなら、一緒に住むようになると目の前で自分にとって不快なことを相手がしてくることが多々あるからです。しかし、それを1つ1つ責めていては身が持ちません。ある程度のことは見過ごしてあげることで自分も楽になります。

今回は、LGBTがパートナーと上手くやっていく為の方法を3つご紹介しました。どれも簡単なことのように思えますが、やってみると以外と難しいです。特に3つ目は(笑)パートナーとの恋愛関係を持続させるには、愛情に加えてある程度の忍耐力や精神力が必要になります。お互い違う人間同士なのでぶつかり合う日もあるかもしれません。それでも長年寄り添い、心が通い合ったパートナーの存在はかけがえのないものです。皆さんもよい出会いがあり、その相手と両思いになれたらどうかその関係を大切に育んでいってくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLGBTnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Chappri

Chappri

九州在住のアラサーレズビアンです。会社員として医療、人材、アパレルなどの企業で就業経験を積んだ後フリーランスのライターとして独立しました。年下の彼女とは1年ほど前から2人暮らしをしており、交際歴は3年以上4年未満です。LGBTの世界に入ったのは20代半ばからで、セクはフェムリバです。両親との仲は良好ですが、未だ彼女との生活を「友人とのルームシェア」と偽っている状態です。趣味は楽器とカメラで、彼女との共通の趣味は映画観賞です。どうぞ宜しくお願いします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険 GIDナビ

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

新着情報をお届けします

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.