2017年1月27日更新

カミングアウトをした方がラク?会社の人間関係に思うゲイの苦労

カミングアウト済みの人にとっては会社の中でも過ごしやすい空間になっているかもしれませんが、ほとんどのゲイは自分を隠して毎日会社に通っている人が多いと思います。

そんな生活の中で、ゲイが苦労するシーンっていくつか出てきますよね?今回は私の体験を含めてそんなゲイが苦労する会社の人間関係について紹介します!

同僚の結婚式に出席した時

会社の規模が大きくなればなるほど、同僚や上司、部下の結婚式に出席しなければいけなくなることが多くなると思います。結婚する事ができない同性愛者にとってご祝儀はかなりの痛手ですよね。新郎のご祝儀のお礼の時に、『お前の時もしっかりお祝いするよ!』などと言われると、ゲイである事への罪悪感や後ろめたさが出てしまいます。

もちろんお祝いする気持ちはあっても、結婚適齢期になるゲイへの会社からの『いつ結婚するの?』という何気ない質問がかなりのプレッシャーになる事も少なくありません。同性愛者も異性愛者のようにみんなから祝福されるのは難しいことなのではないか?そう考えれば考えるほど気持ちに余裕がなくなっていってストレスの元になる事もあるのです。

職場の飲み会の席

周りの同僚がどんどん結婚していく中、独身者は何かと苦労するシーンは職場の飲み会の時にもあります。特に上司に気に入られている人には『お見合いする気はないか?』などと聞かれる事もあるのではないですか?そのような時ってかなり困るんですよね。実際私もお見合いの誘いを受けた事があり、上司の行為を無にする事で今までの関係にひびが入ってしまうのではないかと気を使ってしまい、実際お見合いをしたことがありました。(もちろんお見合いの後に丁重にお断りをしましたが。)

同性愛者である以上、その気がないのにお見合いをしても相手に対して悪いと思いましたし、何より上司にはお見合いが上手く行かなかったことへの謝罪と、お見合いをセッティングしてもらった感謝の気持ちを伝えなければならず、あの時は二重に苦労しました。大きな職場ではなかなか『結婚する気がない』と言えるタイミングってなかなか無いので大変だと思います。

時間の無駄!?同僚との合コン

職場に独身者が自分だけ、または彼女がいないと思われている人にとって時に肩身の狭い思いをする事があると思いますが、彼女がいない同僚が多い時にも苦労する時があります。それが合コンへの参加です。

数合わせで参加するならまだしも、常日頃彼女がいない事を周りに話していると、合コンの時に『今こいつ彼女募集中だから!』とアピールされてしまう可能性があります。そして女性の方が自分に好意を持ってしまった場合、連絡先の交換やメールのやり取りなど、ゲイにとっては『時間の無駄遣い』をしなければなりませんよね。

そして合コンの誘いを頻繁に断るようになると、『付き合いが悪い』というイメージが付いて人間関係そのものが悪化してしまう可能性もあるのです。参加するにしても断るにしても大変なところが多いのはゲイとして辛いところだと思います。

 

全ての職場で『カミングアウトをした方が良い』とは言えないからこそ、仕事でもプライベートでもストレスを抱えてしまう同性愛者は多いと思います。ONとOFFをしっかり切り替えて、息抜きする事を忘れないようにするようにしてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLGBTnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
友蔵

友蔵

「人生楽しく」をモットーに毎日生きているアラサーライター、友蔵です。 時間があるときには国内外問わず旅行するのが趣味で、最近は国際交流を目標に英語も少しずつ習い始めました。 「リアルさ」を大切に記事を書いています。よろしくお願いします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険 GIDナビ

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

新着情報をお届けします

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.