2017年3月4日更新

「結婚しないの?」に対する最も有効な切り返し方

ノンケもレズビアンも適齢期の女性は周囲から「結婚しないの?」と聞かれる事も多いですよね。私もまさにその年代です。ここ数年で周りは結婚・出産ラッシュを迎えています。結婚は個人の自由ですが、女性の幸せの1つと考えられている事は確かです。今回は「結婚しないの?」に対する最も有効な切り返し方をテーマにご紹介します。

 

ダメな切り返しは結婚の希望を感じさせる回答

有効な切り返しを紹介する前に、ダメな切り返しの例をあげます。まず1つ目は「いい人がいたらいいんだけど…」こういった発言をすると「いい人がいないなら紹介してあげよう」という人もいるので注意しましょう。2つ目は「結婚とかまだ考えてない」まだということは、またしばらく経ったら同じ質問をされる可能性があります。それから3つ目は「もう少し遊びたいんだよね」軽い人と思われるのでやめておきましょう。

 

結婚できないのは自己都合というのが有効な切り返し

レズビアンである事をカミングアウトせずに「結婚しないの?」という質問を上手く切り返すには、自己都合にするしか方法がありません。人と暮らす上で問題があって、結婚に向いていないという事を伝えるにはいくつか方法があります。

 

1人の時間を使いたいと伝える

もともと1人で過ごすのが好きという人もいますよね。そういった人は「1人の時間を大切にしたいから結婚はしたくない」と伝えれば、あまりしつこくされません。「好きな人となら1人でいるより楽しいよ」と言われたら「そういう感情になれるか分からない」と伝えましょう。

 

仕事をバリバリして稼いだお金は自分に使いたいと口にする

仕事に生きる女性は、仕事を理由にするのが1番です。しかし「仕事をしながら家庭も大事にしている人がいる」と言われると困りますよね。そういった人には「稼いだお金を全部自分の好きに使いたい」と口にすると、それ以上のことを言われません。強く生きる自立した女性にオススメです。

 

家事も子供も苦手で結婚の適性がないと伝える

家事も子供も苦手という女性は、女性らしさとは無縁ですよね。「結婚や育児に自分は向いていない」と伝えれば誰も何とも言えません。しかし、聞いてきた人が既婚者で子供が居る場合は相手の価値観を否定するのはNGです。

 

こだわりが強くて人と一緒に住めない

人一倍ストイックで、生活にこだわりがあるという人は「自分のライフスタイルに他者が入り込む隙はない」という事を伝えると納得して貰えることが多いようです。神経質な人やベジタリアンの人、生活のリズムが他の人と違う人にオススメです。

 

今回は「結婚しないの?」という結婚適齢期の女性が聞かれる質問に対して、有効な切り返しを考えてみました。本当はレズビアンである事を伝えてしまうのが1番ですが、そういう事を言えない相手には今回紹介した方法を試してみてください。ただし、様々な立場の人がいるので相手の立場を否定しない様に自分に問題があることだけを伝えるのが大人の女性の社交マナーです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLGBTnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Chappri

Chappri

九州在住のアラサーレズビアンです。会社員として医療、人材、アパレルなどの企業で就業経験を積んだ後フリーランスのライターとして独立しました。年下の彼女とは1年ほど前から2人暮らしをしており、交際歴は3年以上4年未満です。LGBTの世界に入ったのは20代半ばからで、セクはフェムリバです。両親との仲は良好ですが、未だ彼女との生活を「友人とのルームシェア」と偽っている状態です。趣味は楽器とカメラで、彼女との共通の趣味は映画観賞です。どうぞ宜しくお願いします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険 GIDナビ

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

新着情報をお届けします

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.