2017年1月23日更新

LGBT・性的マイノリティーの自殺率と思い出してほしいこと

LGBTに対する認知や理解がまだまだ低い日本。

悲しいことに、孤独になりがちなLGBTをはじめとする性的マイノリティーの自殺率は、そうでない方と比べて高めです。

私は、何度か自殺をしようと考えたことがあります。

それは、Xジェンダーやパンセクシャルが原因ではありませんが、なんとかどん底を這い上がった今、あの時を思えば「こう言ってくれる人が近くにいればな」と、ふと思うことがあります。

苦しみや悩み事を誰にも言えず、一人で孤立して、どうしようもなく希望が見つからず、「死」という選択肢を選んでしまいそうになった時、思い出してほしいことをまとめました。

参考になると嬉しいです。

人生には波がある

幸せがあるから、不幸を感じます。

楽しい時があるから、苦しい時に「今自分は苦しいんだ」と感じるのです。

良い事があるから、悪いことを悪いことだと認識するのです。

つまり、今あなたが置かれている状況が悪いものだとすれば、次はきっと、あなたにとっていい状況になります。

今は悪い状況だとしましょう。

そんなとき、過去を振り返ってみましょう。

少なくとも今より良い状況が思い浮かびませんか?

良い状況と悪い状況というものは必ず交互にやってきます。

生まれてから死ぬまでずっといい状況、あるいはずっと悪い状況ということはありません。

どのくらいのスパンでやってくるのか、これは誰にも分かりません。

しかし、今が悪い状況なら、次は必ずあなたにとっていい状況が訪れるのです。

誰かのためと思ってみる

死にたい時は自分自身を正常に保てなくなっているときだと思います。

そんなときに、自分のため、自分のためと繰り返しても上手くいきません。

だったら過去に関わりのあった、自分に優しくしてくれた誰かのために生きてみる、と考えるのはどうでしょうか。

具体的に何かをする必要はありません。

何かを送る必要も、何かをしてあげることも要らないのです。

ただ生きていれば大丈夫。

小さい頃に隣りに住んで、たまに声をかけてくれたおじさんやおばさん。

お盆や年末年始に会うと優しい言葉をかけてくれた親戚の人たち。

子供の頃一緒に遊んでくれた仲間たち。

目が合うといつも微笑みをくれた花屋の店員さん。

自分が同性を好きになることを受け入れてくれた人。

誰でも構いません、誰かの顔を思い浮かべましょう。

そしてその人達を悲しませることのないように、もう少し生きよう、そう思うのです。

悲しみむ人がいます

自殺をすると家族や友達、恋人が悲しみます。

もしそういう人が周りにいなくても、あなたが知らないところで悲しむ人がいます。

例えば私が悲しみます。

自殺のニュースを見るたびに胸が痛いです。

どうして私は何もできないのか、社会は何もできなかったのか、そう自問自答して涙が流れます。

きっとそういう人は私だけじゃないはず、日本全国に、世界にたくさんいるはず。

これを書いている今も、目頭が熱くなってきました。

顔も名前もわからなくても、自殺をするほどの苦しさは分かります。

私自身、何度も経験してきました。

死にたい時は、逃げましょう、休みましょう。

時間が解決してくれることは意外と多いものです。

プライドを捨てて誰かを頼ってみるのもありかもしれません。

命以上に大切なものなど決してありません。

以上、私が自殺を考えていた時に、かけてほしかった言葉を書き出してみました。

結局私は、死ぬ勇気がなく長い間ただ寝ているだけの生活を続けていました。

誰かが助けてくれることもなく、自分でどうすることもできない状況でした。

しかし私は今生きています。

LGBT含め、性的マイノリティーは悩み物が多いことも事実。

自殺なんてしないように、本音や悩みを打ち明けられる仲間を見つけていきましょう。

バーやオフ会、イベントに行くと似たようなセクシャリティーを持つ人に出会えるかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLGBTnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ai

ai

20代前半のXジェンダーでパンセクシャル。体は女性ですが、幼い頃からそれを受け入れることができずにいます。花が大好きで自分の庭や道端に生えている花の写真をよく取っています。数年前にLGBTの世界を知り、自分の居場所ができましたよろしくお願いいたします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険 GIDナビ

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

新着情報をお届けします

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.