2017年3月1日更新

「友情結婚」とは

皆さんは『友情結婚』という言葉を知っていますか?友情結婚というのは、友情と信頼の上で結ぶ仮の婚姻契約のことです。

様々な事情で結婚をしなければならないLGBT同士で広がっていて、その数は増加傾向にあると聞きます。今回は友情結婚について詳しくご紹介していきます。

なぜ友情結婚が流行しているの?

家を継がなければならない人や、どうしても結婚しなければならない事情があるLGBTは自分のセクシュアリティを隠す必要があります。異性と普通に結婚すると相手を騙すことになるので様々な不都合が出てきますが、お互いの利害関係が一致している友情結婚ならそういった問題はありません。

実は友情結婚というのは前からありましたが、今よりもっと密かに行われていました。だから人目に付きにくかったのです。しかし、最近はSNSにそういったコミュニティがあり友情結婚を斡旋する結婚相談所も出てきました。時代の流れで、友情結婚のカップリングがしやすくなったことが流行のきっかけです。

友情結婚をするとどうなる?

例えばレズビアンのAさんが、ゲイのBさんと友情結婚をしたとします。

友情結婚なので性的な関係を結ぶ義務はなく、お互いにパートナーがいても問題はありません。結婚が決まれば両家に挨拶を済ませ、婚姻届にサインをして結婚式を挙げるカップルもいます。

一緒に暮らすか、暮らさないかは自由です。結婚しても離婚するカップルもいれば、そのまま長く続くカップルもいるのはノンケ同士の結婚と一緒です。

友情結婚をして幸せになれる?

友情結婚は、自分と相手の利害関係が一致することで成り立つ合理的な婚姻のシステムです。結婚すれば、親からの圧力から解放されて社会の目も変わります。そういった意味では、普通に見られるようになるので居心地がいいと感じるかもしれません。

考えようによっては、お見合いと同じようなものですよね。しかし、他の人の目が変わっても自分の感情には嘘をつくことになります。最初は良くても、友情結婚のパートナーや自分の同性のパートナーとの関係が進む中で人間関係が複雑化し、こじれる可能性もあります。

友情結婚をして、本当に幸せになれるかどうかはよく考えてから行動に移した方がいいかもしれません。

さいごに

今回は、友情結婚をテーマにお届けしました。近頃は、ネットを通して友情結婚したい人同士が出会う場が増えたので、以前よりも容易に友情結婚できる時代に突入しました。

友情結婚は、合理的な側面がある一方で、友情結婚のパートナーや自分の同性のパートナーとの間で関係が複雑化し、感情的に揉めることもあると聞きます。

だから、結婚生活が長く続くかどうかは本人たち次第です。友情結婚をするというのは、ある意味自分の生き方に疑問を投げかける行為でもあります。友情結婚で本当に幸せになれるのか、自分の気持ちに迷いがないかをよく考えてから行動に移した方がいいかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLGBTnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Chappri

Chappri

九州在住のアラサーレズビアンです。会社員として医療、人材、アパレルなどの企業で就業経験を積んだ後フリーランスのライターとして独立しました。年下の彼女とは1年ほど前から2人暮らしをしており、交際歴は3年以上4年未満です。LGBTの世界に入ったのは20代半ばからで、セクはフェムリバです。両親との仲は良好ですが、未だ彼女との生活を「友人とのルームシェア」と偽っている状態です。趣味は楽器とカメラで、彼女との共通の趣味は映画観賞です。どうぞ宜しくお願いします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険 GIDナビ

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

Sorry. No data so far.

新着コラム

カテゴリー

新着情報をお届けします

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.